上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ghost Recon Wildlands Closed Beta 期待通りオモロイぞ

とりあえずWildlands Closed Beta、全ミッションとアイテムを回収しましたが、期待通り楽しめました。

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-3-20-24-9

とりあえずサクッと感想を書きたいと思いますが、あくまでクローズドベータの話なのでご注意を。


・グラフィック 

まずグラフィック、文句無いです。
正直な所、最適化は完璧とは言えない感触でしたが、細かいオプション項目やその変更点が一目でわかるプレビュー機能がありとても満足のいくグラフィック設定を快適に出来ました。

とにかく景色が綺麗
基本的にクローズドベータで探索できる範囲の地形は木が少し生い茂った山々と平原といったところでMAPの上から下までさほど大きな環境の変化はないんですがそれでもホント綺麗。
キャラや銃のディテールもとても好みです。

・オープンワールド 

何かのレビューでも書いた記憶がありますが、オープンワールドにおいて”如何にゲームを楽しめるか”の鍵は「暇つぶしと道草の意義」にあると思います。

広大なMAPを売りにするのは良いかもしれないけど決して忘れていけないのはその移動過程の問題で、ひたすら移動するだけならそこにはわざわざゲームをプレイする意義は大して見つけられないし、かといってファストトラベルを充実させればいいかと言うとそれならオープンワールドの意味は無いので、”如何に道中を充実させるか”にかかっているという事です。

そしてこのゲームではその道中の充実度は酷くはないが有意義とも言えない程度で、移動手段としては、ファストトラベルはぼちぼち用意されており、乗り物のバリエーションは陸空海とあれど一番利用する陸の手段において岩や高低差がフラストレーションに直結するという問題が無いとは言い切れない”可もなく不可もなく”という印象が強いです。

武器や衣類をクラフトするわけでもないので道中で素材を集めたりもしなければ、突発イベントが起こる様子もありませんでした。
肉食系の動物が襲ってきたりもしません。まぁそれで皮を剥ぎ取って装備作ってればマジでFar Cryですけどね。

ということなので某スネークさん最終章のゲーム程スッカスカでどこでも同じような景色のオープンワールドに比べると段違いですが、Witcher3ほどMAPを全部走りまわる必要は感じられない作りになっている感じです。

・操作性 
GOOD
□スプリント切り替えが即座に出来、移動の爽快感もある
□カバーアクションが自然
□立ち・しゃがみ・伏せの動作は快適
□アイアンサイト・TPS視点の切り替え

BAD
□クロスヘアの狙っている先を撃っても銃が隠れていれば当たらない
□スプリント時の細かい移動の不便さ
□回避行動やローリングのようなものは無い

基本的に不満なのはBADの1個目だけです。他は慣れればあまり気になりません。でもローリング欲しい....
最適化が微妙なのか処理落ちによるラグ以外はマウスの遅延もそれほど感じられなかったので良しというところです。

・カスタマイズ性 

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-18-26

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-18-35

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-19-38

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-19-35

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-21-7

1,パーツ毎のカスタマイズが可能です。
2,パーツ毎の配色が可能です。
3.もちろん武器自体のカラーリングも可能です。
4,キャラクターの衣装もかなりのバリエーションがあります。
5,衣装の配色も豊富です。


・リプレイ性 

実際のところ僕が一番心配しているのはこのリプレイ性の問題です。

クローズドベータであったゲームの内容は「敵地に赴く→敵を偵察→処理→移動」が基本で、
例えばある拠点に敵が続々と襲ってきて様々なオブジェクトやアイテムを活用して生き残るサバイバル式や、護衛やVIPの保護をしながらのエスコート形式はほぼ皆無(一応、拠点に敵が攻めてくるミッションが最初にありますが大したものではないです)、
アイテムクラフトや素材を集めて何かを制作といった収集要素もなく、尚且つDivisionのようにレアドロップや装備強化要素もないとなると一度プレイしたミッションのリプレイする理由がとても多く見つけられないと思うからです。
しかも、ミッションの種類が限られているとなると地形と景色の変化以外に飽きさせない要素が非常に少ないということになります。
たしかに、地形のと景色の素晴らしさでこのゲームはかなりの強みを持っていますが。

武器・衣装のアンロック、パーツやアタッチメントの収集等の本編の要素を踏まえてもクローズドベータでプレイした内容からはさほど大きな変化は無いでしょうから、期待出来るのは本編では更に様々なミッションの種類が存在しているということです。

理想としてはサバイバル式のミッションに長く生き残れる程リワードが追加されたり、報酬が良くなる等のシステムがあって、突発イベントでエスコートや暗殺等のミッションが湧けばかなり内容も密度も濃くなると思うんですけど。

・車の致死性 

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-3-21-11-35

どのゲームにも1つくらいネタになる特有の仕様みたいなのがありますが、このゲームでは車のクリティカルっぷりが半端ないことです。
民間車両だろうと下手にぶつかれは即座にダウン、車両で味方をダウンさせるPKまがいの行動も可能。




Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-39-31

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-34-8

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-4-15-14-24


とまぁ、ザックリですがこんな感想です。
ぶっちゃけ神グラ神ランドスケープ、モデリングと銃と衣類のカスタマイズ性がどストライク過ぎて他のマイナスポイントが曇ってます。
Divisionも銃撃ってるだけで楽しくて同じミッションをハムスターしてた身なので恐らく製品版も飽きてポイなんてことには僕はならないでしょう。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。