上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジ怖ゾンビパルクールゲー『Dying Light』 part2

さぁpart1から若干、日にちがあいてしまいましたが『Dying Light』 レビュー&日記的なもの、part2突入です!

前回の最後にゾンビゲーの中で随一怖いと書きましたがそれは最後の最後まで変わりませんでした

ライトを付けないと夜はこんなに暗い&あちこちからうめき声が聞こえてくる
2015-01-28_00018.jpg

爆発男は最後までカスっても痛いし近距離なら即死だし、痰吐き野郎の攻撃は普通に痛いので特殊感染者は厄介なまま
夜限定の進化ゾンビは例え武器が強化されたからといっても(カンストしてある程度やっていたとしても)
進化ゾンビ+取り巻きがいる時点で普通に戦うだけじゃ瀕死は免れない

夜のなんとも言えない孤独感はDead Islandから御馴染みの街中のどこかから突然聞こえてくる叫び声と相まって非常に心細い
coopで人入ってきた時の温かい気持ちが恋しくなる

ゲームの仕様の穴みたいなのを突くことでかなり安定した逃走方法や戦闘が出来るという小技はあれど根本的にこのゲームが怖いことには変わりない

始めて銃器を見つけた時のスクショ
2015-01-28_00005.jpg

このゲームはDead Islandと同じく明らかに近接武器推しなので銃器は敵対サバイバーに使うことがあるかな程度
銃火器を使うことによって出る音にゾンビが寄ってくるのでうかつに使えない



2015-01-31_00012.jpg

2015-02-01_00007.jpg

2015-02-02_00006.jpg

2015-02-02_00004.jpg



無駄にオープンワールドなわけじゃないので結構街中をパルクールで散歩するだけでも楽しい
普通にストーリーを最後までクリアするだけではだいたい全スキルはアンロックできない
+アジリティー分野は結構上がりにくいので夜ゾンビから逃げながらパルクールして探検するのは中々ちょうど一石二鳥になるんじゃないかなというところ

2015-02-02_00003.jpg

序盤中盤では250くらいあれば強いのかなとか思って使っていた武器もほぼカンストあたりだと1000を超えるというインフレ具合
どんどん武器が強くなっていくのでそこもちょっとしたやり込み要素なのかな と ぼくは かんじました


・総まとめ
Dead Islandより面白い
パルクールしながら走り回るのは新鮮で楽しい
昼夜のゾンビのバランスが絶妙
サブミッションに作業感はあまり感じない


といった感じで締めくくりたいと思います!
あ、coopもなんだかんだでしっかり機能してて楽しいです!
PVPは生存者が二人以上だとゾンビさんゴメンネ状態不可避
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。