上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Far Cry 4日記4 もうほぼ写真日記

前回のクラッシュした先からスタート
やっぱり弄ったファイルでエラー吐いてたみたいで元のファイルに戻したら問題なくプレイできました
Far Cry® 42014-11-26-18-37-33

ボウガン撃っても「ん?ケツに虫でもとまったか?」みたいな無反応のサイさんワロス
Far Cry® 42014-11-26-19-22-7
Far Cry® 42014-11-26-21-19-32

シャングリラ第三章
弓が遂にアップグレードされる
とはいえこれには笑った、やりすぎ
Far Cry® 42014-11-26-21-25-28

Far Cry® 42014-11-26-20-31-42
Far Cry® 42014-11-26-21-47-32
Far Cry® 42014-11-26-21-48-57
Far Cry® 42014-11-26-23-11-8
Far Cry® 42014-11-26-23-37-11
Far Cry® 42014-11-27-0-0-15

ストーリー進行度は49%、まだまだあるのか
やっと地図の右側のエリアに入れるようになりました
スポンサーサイト

セビ滅が出来るようになった喜び

9月の19日にウル4を買ってはや2ヶ月
ってあれ...まだ二ヶ月しか経ってないのかよマジかよ

買ってから数日キーボードでプレイしながらコマンド技の練習をし、滅・波動がキーボードじゃ全然安定しない気がしてアケコン購入を決意
更にそこからアケコンを実際に使ってから今までにない感覚すぎてどっちみち操作のイメージが全く掴めなくて色々怖くなる
「あれ?アケコンにしてもどっちみち難しいぞ」と完全に不安になる
まぁ、それもちょっと考えればわかるけどいきなり格ゲー初心者が初のアケコン操作がそんなすぐに慣れる訳がないわな

そこから軽く三回挫折
挫折する度にできる事が増えていったのも確かだけど

付き合ってくれた色んな人のおかげでアケコンの操作もだいぶ馴染んできた
そんな中、忘れもしない挫折の原因の親玉、宿敵であり憧れのセビ滅が出来るようになったあの瞬間

フィスカーにあるべると一緒にウル4を誘って半ば勢いで買わせて深夜までずっと対戦したりトレモをやった翌日
なんか知らないけど、ほんと何故かわからないけど出来るようになった

いや、正確にいうとセビ滅自体は買って一週間くらいでできたことはできた
しかしながら、とう考えても操作を意識して安定できる気がしなかったし、それを実戦で使える気も1%もしなかったレベル

まず、普通に考えて昇竜拳、お前コマンド難しいぞ
なんだよ横入れたと思ったらいきなり下から入力スタートて
普通にやってればそんなのササッと出来るわけないっていうのが特に最初の一ヶ月
もちろん今でも実戦だと全然ササッと出せてないけど

次にセビキャン、お前意外と手強いんだよ
やっとの思いで出した昇竜をまさかの即効でボタン2個同時押しが次に待っている
普通に考えて脳も気持ちも手も追いつかない、もうぐっちゃぐちゃ
むしろ気持ちだけ進みすぎて例え成功しても次の動作にいく前に完全に詰まってる

それらを一応、出そうと思って出せるかなって気持ちまでもっていけたのがこれまでの一ヶ月強

最後の難関が滅波動そのもの
もう意味がわからなかったですね、波動コマンド二回入力+PPP
もういいやって挫折しかけたのもこの滅波動親分が原因
っていうか今でも1P側は全然安定してない、出せる時あるけど全然まだまだ

結局ずっと出来るまでやり続けているうちに自分なりのまず最後まで成功させる方法というものを確立させた
どう考えてもこれが一番デカイ

それは何なのかっていうとまず昇竜拳は中昇竜を使うということ
普通、昇竜セビ滅をする時の昇竜は弱であるらしい(中昇竜のが追尾性能が長けているので使い分けの選択肢は残るらしい)
それなのに何故か中かというと
理由1) 弱昇竜を使うとセビキャンが赤セビに化けてしまう
理由2) 中昇竜を使えばすぐにセビキャンを発動させられる
これでセビキャンにつながらないという問題と赤セビに化けるという問題を一気に解決した

次にセビキャンボタンは二回押す
これは前ステにちゃんとつなげる為に自分が沢山の方法や入力の仕方を試している中で無意識に見つけた
つまり、中PKをタタンッと押す感じ
正直言ってこれはあまりうまく説明出来ないけど、
・リズムを作る
・セビキャンしやすくする
・セビ開放をさせないようにする
・前ステに繋がりやすくする
おおまかにはそれらが理由

最後に滅については斜め入力の部分は無視してしまう勢いで良い
ようするに簡易コマンドで出してしまうということ
下→斜め→横x2が普通のコマンドであることに比べて簡易コマンドは下→横x2で出る
ずっと滅を出そうとやり続けている間、斜め入力という存在がいつも入力速度を遅めていたのでこの打開策が簡易コマンドを入力しようと思っていなくとも素早く入力することを心がけたせいで無意識に定着しかけていた

これらの内容を踏まえただけでググンと成功率が上がった
が、しかしここで出来るようになる前の自分が思ってもみなかった問題が生まれた
それは、滅が出るのが早すぎてカス当たりになるということ

そうなのだ、上記の自分なりのコツを掴んだ自分は全てのスッテプを意識して理解して意図的に落ち着いて出来るようになっただけあって、
滅の入力に思う存分力を注ぐことが出来るようになったせい+簡易入力ルートも相まってセビ前ステ直後に滅を出してしまうハメになった

入力がどうしても追いつかなくて挫折した人間がちょうどいいタイミングの部分をふっ飛ばして早く入力しすぎてカスっていくという事になるとは思ってはいなかった

今ならwikiか何かに書いてあった
「キャラが空中で浮いている間の猶予は結構長いので落ち着いて入力すること」
という意味がハッキリわかる

その内容を見た当時は「何をとぼけたことをおっしゃっておるのだろうか」と本気でムカついたものだ

なので自分としての最後の極めつけの改善・練習内容は滅の入力を本来のコマンドに直すということになるのかなと思う
現状で入力されているコマンドはだいたい 下→横→下→斜め→横 or 下→斜め→下→斜め→横 (もちろん要らない他の方向キーも混じってますが)という中途半端に簡易入力状態なので、
落ち着いて全部を入力するよう心がければ自然とちょうどいいタイミングにまとまるんじゃないかなという結論を出して今日はここでおしまい

おまけ



(ちなみに動画は今日撮影したもので、セビ滅は出来るようになるまで買ってから今までかかったが、灼熱滅は今日試してみてすぐに出来るようになったのと、灼熱セビ滅は上で書いたセビキャンと滅のコツのおかげですぐさま出せるようになったので実質出来るようになるまで数日かかってない)


Far Cry 4日記3 

亀までいるとは
Far Cry® 42014-11-23-20-36-12

ファークライ写真部
Far Cry® 42014-11-25-15-51-25
Far Cry® 42014-11-25-15-51-30
Far Cry® 42014-11-25-16-33-35
Far Cry® 42014-11-25-16-51-18
Far Cry® 42014-11-25-17-12-34
Far Cry® 42014-11-25-17-40-57

運営側にまわってサイと熊と虎とイノシシを人類に向けて放つ無法者
Far Cry® 42014-11-25-17-45-17

ここからシャングリラ第二章、今回もお外を走り回るのかと思いきや
Far Cry® 42014-11-26-0-5-48

洞窟探検、虎さん今回も同行してくれます、かわええなぁ
Far Cry® 42014-11-26-0-6-36

なんか色々ヤバくて意味分かんない感じのが見えてくる
Far Cry® 42014-11-26-0-6-57

意味わかんないのと一緒に記念撮影
Far Cry® 42014-11-26-0-7-11

この弓取ることになるんだけどやだこわい使いたくない
Far Cry® 42014-11-26-0-7-36

適当にピックアップ
Far Cry® 42014-11-26-0-9-18
Far Cry® 42014-11-26-0-12-55
Far Cry® 42014-11-26-0-13-29

最後に。虎さんかわいい
Far Cry® 42014-11-26-0-14-48


なんかこの先進むとクラッシュしてしまって出来ないので整合性の確認中。

Far Cry 4日記2 

今回は前回みたいなハチャメチャなスタートではなく穏やかで壮大なランドスケープからスタート
(後々、目玉悪役のしなびたモヒカンツーブロック失敗写メおじさんがカッコよく登場するけど)
Far Cry® 42014-11-21-20-5-37

いきなり景色が綺麗でビビる
Far Cry® 42014-11-21-20-31-1

あー今回完全に前作のジャングル越えてますわ感
Far Cry® 42014-11-21-20-33-30
Far Cry® 42014-11-21-21-24-42
Far Cry® 42014-11-21-21-47-36

狼男でも出そうな夜 
※狼と狼男みたいな風貌の男は出ます
Far Cry® 42014-11-22-14-4-31

coop開放されて一緒にプレイしてはしゃぐ
(車内正面のFOVが半端ない、バグっぽい)
Far Cry® 42014-11-22-23-17-10

バンダナ巻いたナウい奴が弓構えてるから爆笑した
Far Cry® 42014-11-22-23-18-52

今回、このゲームにはやり込み要素が前作の倍以上は余裕にある
これもその1つで簡単に言うとサバイバルみたいな感じ
これのミッションをランク10にまでするとM4のスペシャルカスタムが手に入るのでめっちゃ頑張りました、たのしかったです!
Far Cry® 42014-11-23-15-19-37

ミッションから出ると今回のご褒美キャラが。前作のファンキーガールよりかなりレベルアップしてますよコレ。
露出魔「え?アリーナに出場したいの?(笑)少なくともまあ私の胸をみるくらいは出来るでしょうね(笑)」
結構気が強くて挑発的や、この娘
Far Cry® 42014-11-23-15-28-5

露出狂「おっぱい見るのやめなさい
Far Cry® 42014-11-23-16-48-46

希少種の狩りクエストでしばらく探してるとトンデモないデカさの魚が目の前現れてちびりそうになった
画像じゃちょっと伝わりにくいけど実際やってるとマジでこわかった
Far Cry® 42014-11-23-17-47-25

見てるだけでもいいこの雪山に実は後々登れるんだよなぁ
Far Cry® 42014-11-23-17-52-25

希少種クエスト別バージョン。
なんか向こうから車に猛突進してくる塊が来るんだけど
Far Cry® 42014-11-23-17-58-30

この後NPCの方々は車に踏み潰されて地面の下に消えていきました
Far Cry® 42014-11-23-17-58-33

はい、別ゲータイムです。シャングリラ編。
Far Cry® 42014-11-23-18-29-8

あ゛ぁーーー虎さん死なないでーーーーー
Far Cry® 42014-11-23-18-32-7

動物を不要に殺して楽しむ化け物怖いけどマジ許さん
Far Cry® 42014-11-23-18-34-18

虎さん生き返ったーーーーすげーーー そして可愛いーーーーー 愛らしいーーーー
この後からずっと一緒に戦ってくれます、しかも不死身
Far Cry® 42014-11-23-18-34-59


ハイ、ひとまずこれでおしまい
それにしても、まだシナリオ進行度25%弱という恐ろしさ
この他にもスクショいっぱいあったけどこれでもダイブ削ったんです

前作で惨敗気味だった弓の存在は今作では結構使えるのでマジで武器の使い分けが捗るぜ
マウスの操作感が何故か前作よりも劣化してるというちょっと致命的な仕様を我慢すれば全て改善改良レベルアップの神ゲー

最後にカメラ構えるとUI消せるボタンあることに気づいて撮った一枚を。
Far Cry® 42014-11-23-20-32-43

Far Cry 4日記1 前作のおさらい

SteamのセールでFar Cry3が数百YENで買えるということで
「あ、まぁ全然興味ないけど何となく買ってみるかー」という超適当いい加減な軽い気持ちで買って早一週間。

あ、これクソ面白いわ

超軽い気持ちでプレイしだして気づいたら数時間経ってたレヴェル
だいたいこのオープニングの和気あいあいのシーンからいきなりヴァース(モヒカンアイシャドー早口糞兄貴)登場のシーンに繋がる編集で見入ったっつの!


このファークライ3というゲーム、一見だいたい変化のないジャングルのオープンワールドなんだがなぜか飽きない。全然飽きない。

なぜだろうか、理由をちょっと考えてみよう
、グラフィックが綺麗
ジャングル感はThe Forestのが上な気もするけどそれでも木々の隙間から太陽の光が漏れてくるのはやっぱイイ

、拠点制圧やサイドミッションの内容が毎度微妙に違う
飽きない為に超大事な要素、コレ。どの拠点・ミッションも地形や敵の配置が結構違う

、景色が綺麗
ジャングルだけど山頂付近からだんだんと辺りの景色が見え始めるんだけどそれが結構好き



とゆーゎけで自分の中でふぁっくらいシリーズは一目置かざるをえないタイトルに昇華したわけでここでFC3がセールされる所以たるファックライ4にたどり着いたのです。

海外じゃ普通にレビューがばらまかれてるしそもそもセール来てるしどう考えても発売してるんだろと思い込むのは甘い
この国はe-sport発展途上国もといゲーム遅延国であることを忘れてはいけない
「まぁ、日本語版がいくら遅いからって1~2週間くらい待てばいいっしょ~」
とある程度の算段をつけたつもりで一応調べてみると....

Far Cry4 日本国内発売日: 2015/01/22

anime_wallpaper_nichijou-8849902.jpg

待てねーよ

ということで海外版購入してプレイすることにしました。
色々あったけど無事購入LET'Sインストール。

AW事件で書いた通り聖地CドライブはAWに埋め尽くされていた訳だけどアンロック事変が起きてから即効Cドラから削除
そこから再度CoD4とウル4の”フォーコンビ”を入れなおし。

どうせだからここにファークライ4も仲間入りさせてあげようと思うが、容量30GB
必死に犠牲を払ってインストールしても空き容量数メガしかあかなくね?っていうレベルなので諦めて別ドラに入れることにした





MW2以来の購入、暴君CoD:AW 最終章 ~悪の権化、魔王スクエニ~

激戦苦闘を巡った血で血を洗う過酷な試練の先には更なる容赦なき残酷な仕打ちが待ち望んでいたのは今も昔

その壮絶な道筋を深く記憶に刻みこみながらも今にも涙がこぼれ落ちそうな頰震える私は今一度、踏ん張り、噛みしめ耐える
「人超少ない上にちょくちょくホストと回線切れてロードで5分フリーズするし思う存分マウス振れないけどこうなったら嫌でも楽しんでやるぜ」
と、心を鬼にして楽しもうとマルチプレイヤーに挑む

何か知らないけど片言の日本語喋れる外人とフレンドになった
初対面、開始一言目で「もうできるの?」とタメ口フレンドリーに言われた
戸惑う私はとりあえず挨拶するもスルーされる

とりあえず一緒にプレイすることに
延々とスコアドベの彼は「オ、オレ、今回がPC版始めてだから」と言う
荒ぶるじゃじゃ馬マウス(馬なのに鼠とはこれ如何に)をしかめっ面で操りながらもフラグトップを叩き出す私は
「うんうん^^そうだね」と暖かく彼の言葉を聞き流す
そもそも今作をPCでやるのが間違ってる、やるならCoD4やれ、でなければ帰れぇっ!

何を思ったのかサシで勝負がしたいと言い出すのでプライベートマッチで1on1をすることに
「スナイパーオンリーな」と彼は言う
よくあるルール引っ張り出してきたなと「スナがどんなのか使いたかったからちょうどいい」という気持ちで快諾する
クロークを使い角でキャンプする彼に有無を言わさずボコボコにする私
SRオンリーというルール提唱者本人は後半ハンドガンも使ってくるやりたい放題に
女神の懐を持つ私は清く彼の無茶苦茶っぷりを許し、改めてボコボコにする
「FUCK YOU」「Bitch」と言う彼、軽くあしらう私
その後は元通りTDMをプレイし飽きて解散
全体的に訳がわからなかったのでフレンドは削除した

こうして魔の一日目が嘘かのような和気あいあいとしたマルチプレイを満喫した私は、「これでひとまず何とか普通にプレイできる」と安堵していた

そう、この時は本当の悪夢がこれから始まるとは知る由もなかったのだ......


それから一日の月日が経ち、改めてプレイをしようとする

"connection to steam failed"

私は目を疑わなかった、きっとまだ夢を見ているのだろうと思った
こんなことあるはずがない、あるわけがない、あっていいはずがない
しかし、それは現実の出来事であった

そう、そうである
またマルチプレイが出来なくなっていたのであった
私の心拍数は屋外にも振動するかのように高まり、動悸が激しくなる
必死の決意を元に、原因を調べようとマウスに手をかけようとするもスタンを食らったかのように動けない

調べた結果、恐るべき事実が私達、日本人の前に待ち構えていたのであった
わかっていたはずだ、私達は幾度もこの災害の被害者としてこの苦境を受け止めてきたのであった
わかっていたはずだ、私達にはまだ真の黒幕、暴君の上をいく強欲とエゴの塊、魔王スクエニがいることを

間違いない、暴君とともに魔王さえもMW2からの月日を重ね、更に力を増して我々に挑んできたのであった
その悪の権化、民の敵、強欲の利己主義独善的娯楽破壊者、クズエニ クソエニ スクエアエニックズは
非情ながらも既に購入済み・プレイ可能状態のプレイヤーにまで日本の発売時刻にあわせロックをかけるという暴挙に出たのであった

流石である、MW2当時から度重なる信頼をドブに捨てて、期待を裏切ってきただけはある
それだけではなく数多の別タイトルでも散々、好き勝手、やりたい放題、横槍を入れては製品の評判を遠慮無く完膚なきまで叩き落とす行為を迷うこと無くし続けてきただけはある、流石である

まさか一度購入した製品にプレイ不可という焼き印をわざわざ所持している人間の元にまで配布するとは誰が思っていようか
詐欺師もビックリの神業を披露といったところだ、もし私が詐欺師志望の研修生であればスクエニの元へ弟子入りをすること間違い無しだ
売ったものはずっと手元にある分だけまだ詐欺師のがマシといった点があるくらいだ

私は心に決めた、もうCoDとつくタイトルは買わない、買いたくない、買うメリットがない、買うのが面倒くさい
きっともう、開発者コンソールがあり、デディケイテッド鯖であり、FPS調整ができ、リーンが自由にでき、コンフィグが自由に調整でき、
訳の分からない機能やギミックや装備がツラツラ並んでかったるいオモチャ合戦ではなく、サーバー定人数も64人やら32人といった規模のゲームはこれから一生出てこないんだと思うくらいの気持ちでないといけないんだと

売上や儲け、大衆的な流行、動向に重視する行いの生む結果というものは一時的な盛況だけであり、残るのは失われた信頼と、優秀な人材が去った後のもぬけの殻と、枯渇し過疎したタイトルシーンと、不満を抱き続けるコアゲーマーのみということを私は学んだということで最後を締めくくりたい。

MW2以来の購入、暴君CoD:AW 第ニ章 ~FPSプレイヤーへの挑戦、125Hz~

数多の犠牲を出し血みどろの決戦に挑み、かれこれ1日が経った
私はその時、マルチプレイヤーを選び戦いを求めていた

その燦然と輝く”Play Online”のボタンの先にはもはやデディケーテッド鯖の様子は一切感じられない
発売前に噂されていたデディ鯖復活のニュースはまさに最悪のケースに終わったのであった
そう、まさかのPC版にはデディ鯖がないというパターンである

デディ鯖が実装されます、とアナウンスされれば誰でもまずPCは大丈夫だろうという安堵と常識すら軽々と打ち破ったのである
流石、純粋なFPSゲームとして競合性の高いタイトルを求めていたユーザーの希望と期待を数えきれない程踏みにじってきた歴戦の勇者CoD(というタイトルがついてるだけの)シリーズ

私はもう一寸の、一片の期待も希望も可能性も抱かないと心に決めて”Find Game”の項目に手をかけゲームを進行させる
カスタマイズの項目でプレイヤーの装飾を弄り、気を紛らわす
装飾を進めるにつれて目に入ってくるキャラクターの悲しげな眼差しはまるで私の姿を映し出しているかのようだった

もはや完全なる別ゲーという気持ちを胸にし、「なんだTDM定員12人て。行儀よくチマチマ稼げとでも言うのか、もっと暴れさせろ」という荒れ狂う感情を抑えこみ精神を無我の境地へ追い込む

カウントダウンが終了し、いざゲームが開始した
と、次の瞬間、私はもはや言葉も思い浮かばず頭も真っ白になるかの勢いで衝撃をうけた

マウスがまともに動かない

信じられなかった
「フレームレートは90固定」 ....よし、まぁいいだろう、デディ鯖だしMOD出ればいいから頑張るさ
「PC版はデディ鯖無し」 .....い、いいさ、AWだもの、別ゲーとしてやるって決めたもの
「定員人数は12人とか16人」 ....ま、まぁプレイできることは出来るし、、、あっ終わるの早っ

苦汁を舐め続け耐え続けてきた私にとってもう失うものは何もない、
期待もしていないし希望も持っていないという私の意思を、AWという存在は根本から潰してきたのだ

まさかFPSをプレイするというのに肝心のプレイがまともに出来ないというのは某無料ゲーをプレイした時以来の衝撃だった
いや、それ以上である、なにせこちらは”有料ゲー”である、ビッグタイトルである
誰がそんな予想をするか、と言いたい限りだ

そう、遥か昔、私をどん底にまでたたき落としたMW2から時を重ね、CoD(と付くなんちゃって)タイトルは更に力を増して私の元へ還ってきたのである
「あれから年月も経ってるし色々改善されたり開発側も学んでるだろう」なんて考えが1ミリもあったのが甘かった、甘すぎた、溶けずに下で滞っている

耐え難い境遇を受け入れ、辛く厳しい困難乗り越え、希望と期待を完膚なきまで打ちひしがれ、その先に待っていたのは更なる絶望だった、救いがない

その後、度重なる試行錯誤と情報収集の結果、某無料ゲーと同じくマウスのポーリングレートを125Hzにしたらカーソルの吹っ飛びは無くなり、ドロドロ感は緩和された

結局、黒船ペリーが開口したのは、新しいe-sportsシーンの可能性や、行き場を失ったかつての栄光あるCoDタイトルの復活を待ち望む民への開拓路でもなく、財布の口だけだったのだ。

MW2以来の購入、暴君CoD:AW 第一章

MW2に凄まじい期待と準備をし、見事に完全に打ち砕かれたのは遠い昔
その後完全にCoD(のような)シリーズを見限り購入する気すら失せ果てた

今回、遂にそのCoD鎖国のこの私に黒船ペリーが来航

まず第一の関門であったのは”プリロード容量水増し事件”
数多の生贄を要し手に入れた聖なる空き容量を何とか血みどろで確保しながらも、
容赦なきAWはいざアンロックに取り掛かかれば無下にもその努力を打ち砕く、さらなる生贄を泣く泣く捧げるも
AWという強欲の猛者は一向に首を縦には振らない

行き場を失った生ける屍(CoD4みたいな神ゲーをずっと待ってるけど出ない)の私は為す術が無くなった
仕方なくもCドライブという聖地を捨て、別のドライブにインストールをすることにする
一時間という長い年月を経て遂に再び暴君AWは降臨の準備を整える
しかしながらそこで私は気づいた、「あれ?やっぱ予め用意した容量で足りてるじゃん」

恐らくそれはAWという恐ろしき渦巻く念が一時の幻を魅せたのであろう
いやはや、流石は数々の希望を難なく踏みにじり数えきれない憎悪で溢れたCoD(のような)シリーズ

気持ちを改めて、別ドライブにインストールをしたAWには再度消えてもらうことに
もう一時間の時間を耐え、遂に聖地CドライブにAWは帰還、プレイを試みることに

私は膝から崩れ落ちた
やはり、何故か容量が足らないのだ、私はうなだれた、窓を叩きつける雨音はまるで私の心の涙だった
おそらくプリロードたるものにはアンロックする時点で更に解凍する分の空き容量が必要になるのだろう
私はまたさらに年月を重ねた

そして遂に別ドライブに人の積み重ねた挑戦を無残にも打ち払う暴君AWは再来した

遂に数々の苦難を乗り越えた私はマルチプレイヤーに手をかける
あれ?Evolve並みの起動の遅さじゃね?と少しばかりの不満を抱きつつもなんとかMPが起動
やっぱCoDらしくねぇなとCoD4厨 古き良き時代の名残りすら匂わせない仕様にさらなく落胆を隠し切れない
すり減る私の精神、なんとか耐えろと心のなかで叫び、必死の動作でデディ鯖ですらなさそうなPlay Onlineをスタート

"connection to steam failed"

私は目を疑った、ここまでして辛く苦しい歩みを重ねた自分に待っていたのは微笑む女神の懐ではなく
中間地点で作業感丸出しで接客応対しているオッサンのNOサインだった。流石黒船、腹もクロい

いつしか止んだ外の豪雨は見事な静寂を生んだ、まるでそれは私の心の虚しさを表しているかのようだ

結果大人しくシングルをプレイ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。