上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『イコライザー』

ちょっと前に”イコライザー”という、デンゼル・ワシントン主演・クロエ・モレッツ姉貴なんかが出てくる映画を鑑賞

なぜ見たくなったかというと、「あ、この映画のアクションいけるやつや」とこのGIFを見て思ったことから

2015-01-21_00002.jpg



とりあえず
デンゼル・ワシントンの出てる映画はだいたい面白い映画、そしてサントラも神

デンゼル・ワシントンが出てる= サントラは”Harry Gregson-Williams”と思ってもらってもいい
今回の曲調はデジャヴを思い出すなんとも悲壮感漂う切なく虚しい感じの雰囲気を引っ張っておきながらも
一生懸命よちよち歩きから成長していくステップを踏むようなリズムを加えたどっちかというと暗いより明るめになったイメージ

クロエ・モレッツ姉貴
1_201501291432369df.jpg


サントラ音楽の話にも結局は繋がるけど、見終えた感想をいうと
期待していたよりもアクション要素が薄かった

随所で光るアクション自体は確かにカッコよくてカメラワーク等でごまかしてない感はしっかりあって自分の好みだけど
いかんせんまともに「アクションシーンです!」って言い切れるパートは二箇所くらいしかないレベル
その他は全体に程よく?気持ち抑えめで青のりがたこ焼きの上にかかっている程度に散りばめられている

咄嗟の青のり表現だけど、我ながらいい例えだと思う
割合としてはたこ焼き本体に対して青のりは極僅かだけど、その色みが与える印象はデカイ
あと何より意外と青のりは少量でも風味豊か

でも最初言ったようにGIFを見て勝手にシリアスな世界で危ない橋を渡っていく話っぽいなと勝手な算段をつけてかかっていたところだったのでちょっとした肩透かしを食らってしまったワケなのです

それでもその数カ所しかないアクションシーンあたりで流れる”ここ見せ場やぞドヤBGM”は流石痺れる、ハリーおじ△
この映画のサントラは序盤から流れるテーマソングとこの見せ場ソングの2つの柱で成り立っている!

4.jpg


まとめると
シリアスで渋めな空気のアクションと全体に散りばめられた”オシャレ”もしっかり見て行きたい人入門映画といった感じです



何故そうなるのかは若干ネタバレラインに入ると思うので追記の方で

※ここからはネタバレ含むので注意
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。