上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ『龍馬伝』完走

この一週間、なぜか突然大河ドラマを見ようと思い立ち、「あー福山雅治が坂本龍馬してるんか、みよーっと」というノリで龍馬伝をガッツリ見てました。



普段、見てもいないアニメや映画やドラマのサントラなんかも興味があれば聴き漁っている自分としては龍馬伝といえばこの有名な想望という曲だけが一人歩きしていてさぞ悲しい不幸な物語なのだろうと思って見始めてみたが主人公、凄いノーテンキリア充
イケメンロングパーマ坂本龍馬ゲーが始まる。

なんや、いつこの有名な曲は使われるぞやと思ってもいたが一話目から絶妙な(いい意味で)具合で使われていたし、後々のことも言ってしまえば素晴らしい間やここぞって時の場面で使われることが多く何度視界が曇ったことか。

ドラマの内容もこのイケロンパ坂さん(略称)は歌手が何俳優やっとんねんと言わせない、というか「あれ?TOKIOって農家だよね?」みたいなどっちが本業かわからない勢いで坂本龍馬になってた、まぁ坂本龍馬とあんまり絡んだことないけど。

個人的に広末涼子がヒロインな1期にずうううううっと疑問というか違和感を持っていた、「お前絶対大奥とか姫クラスだろ」と。どう考えてもヒラ武士の珠じゃなかろうて。
だからね、加尾(ヒロスエ)が京の奉公に行ってすっごい化粧と着物を着た姿になったときは”水を得た魚”とはまさにこの事だと思った、お前これでもうええやろとおもた。
多分、現場のみんなもそれがやりたくて広末涼子をキャストインしたと思う。

でもドラマの流れとしては真木よう子のお龍がメインになったときが一番しっくりしてた。
ピストルぶっ放した後に子供たちが触ろうとしてきたのを止めようとしてるシーンとか、ちょくちょく入るちょっとしたシーン一つ一つが見ててあーイイなぁって感じにさせられる。
仏頂面と笑顔のギャップ、心情の起伏と変化があるだけで、美しいだけの加尾よりも魅力あるなと。
あと、なんか広末涼子って目が怖い、なんかうまく言葉で言い表せない怖さがある、なんか安心できない、なぜかわからないけど。

イケパ坂本 手紙「今ワシは京におる、お龍、土産を楽しみにしておき」
お龍「京おんなに京の土産もってきてどうすんねん」

っていうシーンは笑ってしまった

関係ないけどさっきから普段使わない漢字がときどき出てくるから候補から出して打つのが面倒です。

真面目に最後まで大河ドラマ見たのはこれが初めてだけど、俳優の豪華さに慣れずに2期くらいまではずっと驚きながら時々笑って見てた。大河ドラマって凄いんやね。
「あるシーンだけ何度も見たくなる」っていう場面が山程ある。それくらい迫真の演技・魅力ある場面が多い。

具体的なのを挙げると吉田東洋(実はこの俳優さんを僕は知らない)はマジで好き、の人の喋るところは全部かっこいい。
2期だったか3期だったかで出てくる軍艦奉行の金八先生も大好き。
いちばん最初、出てくる時は大勢の中から声を上げるシーンからなんだけどもう声聞いただけで金八先生やんってわかってしまう。
「あんたも出演してるんかwwwwwww」と思いながら見てた。ほんと、映画とかドラマ見る時は前情報あんまガッツリ入手しない方が楽しめる。
途中で金八先生のお船の勉強会があんなことになった時いっぱいの生徒がいる中で
金八先生「これで終わりではない!君たちはここからが始まりである!さぁ旅立て!」
みたいなこと言ってて、「あれ?これ金八伝だったっけ」みたいな流れになっていたのは流石に草。

あと、一つ言いたいのが佐藤健。顔怖すぎ。これ、るろうに剣心でも言えるけどお前マジで顔怖い。
子供っぽさを持ちながらも狂気性も持ち合わせているみたいな度合いではないぞあの顔の怖さは。
多分、単純な顔の造形の怖さで言えば出演役者ダントツな勢い。

やりすぎといえば香川照之。ときどき「半沢直樹か、おまえは」とツッコミたくなる。「我ら三菱の生みの親、岩崎弥太郎はこんな奴じゃないぜよ」と思った人が多いだろう。知ってる人いるのか知らないけど。
だけど言いたい、真の主人公はこの人だと。一番人間味があるのも、一番名言パなしてきたのも、一番迫真の演技が多いのも、このオッサンだった。

主人公の坂本龍馬もとい大正義ガリレオ先生はドラマ中、突然いきなり奇声や大声を上げて叫びだしたり膝から崩れ落ちたり、人を殺すような眼差しで終始笑顔を振りまいている有様で、そんな彼よりも岩崎弥太郎のがよっぽど感情移入して見れる場面が多い。
いや、大和田常務もいきなり叫び出すし奇声上げてたわ、どっちも変わらんですわ

仲間思い、情に深く周りの人間を楽しく仲良くさせながらのほほんと生きているように見えて、実はかなり肝の座ったどえらい覚悟のテンパ侍と、
周りの人間などなりふり構わず自分の好き勝手にして長いものに巻かれていい加減に生きているように見えて、誰よりも周りが見ていて、野心と絶え間ない努力をする大和田常務

正直、このドラマ内では魅了ある人が多すぎるけどやっぱりこの二人が基軸なのは全然違和感がない。
あ、でも最後まで新選組のネプチューンの違和感は消えなかった。
でも千葉先生と龍馬との立ち合いはかっこよかった。あと、龍馬に落とされるシーンも好き、まぁ龍馬が格好良いだけなんだけどなそれは。

っていうかこのドラマ、龍馬ゲーすぎない?
いくらね、いくら坂本龍馬が有名ですんごい人だからって、これこそまさにOverratedだと思いながら見てた。
だって、基本的に登場人物みーーーーーーーーーーーーーーんな、案も意見もロクに出してないんだもん。
なんかストーリーがそこらへんにあるゲームの進行しててNPCと喋ってるノリを後半は感じていた、まぁドラマだし仕方ないよねって感じでも流石に龍馬ゲーすぎる。

龍馬が勝手に色んな所で幕府の要人やらと会って話を進めているだけで、龍馬率いる亀山社中なんて、宿でカステラ作って売ってるだけだもん。
龍馬「いいえ!!!ワシらはみーーーーーーんなで成し遂げたとです!!!!!!!!」
こんなん笑うわ。
ワシには仲間がいる!!って....ワンピースでももうちょっと仲間に頼ってるぞ....。

あと、日本をマジでひっくり返すくらいの大事な内容をふすまで仕切られただけの空間で出来た建物でベラベラ喋るっていう具合に最後まで「丸聞こえやん」ってツッコミを心のなかでしていた。
創作やとわかっていてもどうしても落ち着かない、色々な映画やドラマを見過ぎていつかその背中のふすまから刀が飛びててこないだろうかとヒヤヒヤしていた。
しかし、NHK、視聴者にはご老人も多くいらっしゃることであろう、「びっくりして心臓麻痺を起こしたぞ」なんてクレームを何千件も食らったらたまらん。
そこらへんのホラーによくあるサプライズ戦法は一切ない、万人受けを目指してグロや血しぶきや鮮血、傷口なども超控えめ。
そのせいで、あの坂本龍馬に腕を怪我しただけで「わしゃもう歩けん!!!置いて行ってくれ!!!」と言わせ瀕死にさせる始末。
そこは捻挫とか足を蹴られる叩かれるみたいなシーンをしっかり見せてでもしてほしかった。
なんかわちゃわちゃしてて何が起こったかわからんかった。
このドラマ、基本的に戦闘シーンはわちゃわちゃしてて何がなんだかわかんないのである。

プレビューにしてこの記事をざっと見てみたら結構書いたのでもうやめることにする。何か書きたかった事忘れた。



これを僕は想望と肩を並べるこのドラマを表すもう1つの神曲と強く言いたい。
この”とつくに”という曲名なのだけど、ほんのついさっきまでその単語の意味が全く想像つかずだったのだけど、youtubeで検索するときに”外つ国”と出た瞬間に全てが納得できた。
聞いていただければすぐにわかるが、何となく西洋風&アジアンなメロディーで曲名が”とつくに”なのはガッテンいくのである。
何よりも中盤からの盛り上がりが最高に素晴らしい。感動する。泣きそう。

想望はただ、ただ悲しい。「耐えて生きよ。雨風嵐に耐えて踏ん張れ。そして朝が来て雨が止む。小さな花に水滴が落ちている。」(※注:完全に個人的なイメージ)みたいな音楽なのに対して
この”とつくに”は、3期だったかの長崎の賑わう町をまさに表した音楽で、何よりも大好きな中盤からの盛り上がりはまさに今後の日本の成長と希望を表現しているようでたまらなく好き。

ガチシリアスor戦闘曲って感じなもの等、他にも良い曲はぼちぼちいくつかあるから40話あるドラマも素晴らしい音楽が背中についていればドラマは100倍楽しめると思う。

そんなわけで僕の初の大河ドラマは素晴らしい神曲といくつかの良曲をも収獲出来たナイスなものになりました。
スポンサーサイト

ファニエスト外語学院の個人的Funniest集

こんばんは
ドラゴンエイジのドラゴン狩り写真集の記事を書く前にドラゴンエイジ自体に冷めたアスターです
許してください



最近、彼のこのツイートがきっかけでファニエスト外語学院の動画にハマって何だかんだで全部見ちゃいました
そんな私がそのシリーズ中から特に声を出して笑いあげてしまったモノを選りすぐんでご紹介したいと思います


ひっさしぶりに動画で大声出して笑った



基本全部面白かったけど特にAdel - Skyfallが流れだした所で涙出そうになるくらい笑ったwww

っていうか最初からいきなりいきなり爆笑してしまったwwwww

MW2以来の購入、暴君CoD:AW 最終章 ~悪の権化、魔王スクエニ~

激戦苦闘を巡った血で血を洗う過酷な試練の先には更なる容赦なき残酷な仕打ちが待ち望んでいたのは今も昔

その壮絶な道筋を深く記憶に刻みこみながらも今にも涙がこぼれ落ちそうな頰震える私は今一度、踏ん張り、噛みしめ耐える
「人超少ない上にちょくちょくホストと回線切れてロードで5分フリーズするし思う存分マウス振れないけどこうなったら嫌でも楽しんでやるぜ」
と、心を鬼にして楽しもうとマルチプレイヤーに挑む

何か知らないけど片言の日本語喋れる外人とフレンドになった
初対面、開始一言目で「もうできるの?」とタメ口フレンドリーに言われた
戸惑う私はとりあえず挨拶するもスルーされる

とりあえず一緒にプレイすることに
延々とスコアドベの彼は「オ、オレ、今回がPC版始めてだから」と言う
荒ぶるじゃじゃ馬マウス(馬なのに鼠とはこれ如何に)をしかめっ面で操りながらもフラグトップを叩き出す私は
「うんうん^^そうだね」と暖かく彼の言葉を聞き流す
そもそも今作をPCでやるのが間違ってる、やるならCoD4やれ、でなければ帰れぇっ!

何を思ったのかサシで勝負がしたいと言い出すのでプライベートマッチで1on1をすることに
「スナイパーオンリーな」と彼は言う
よくあるルール引っ張り出してきたなと「スナがどんなのか使いたかったからちょうどいい」という気持ちで快諾する
クロークを使い角でキャンプする彼に有無を言わさずボコボコにする私
SRオンリーというルール提唱者本人は後半ハンドガンも使ってくるやりたい放題に
女神の懐を持つ私は清く彼の無茶苦茶っぷりを許し、改めてボコボコにする
「FUCK YOU」「Bitch」と言う彼、軽くあしらう私
その後は元通りTDMをプレイし飽きて解散
全体的に訳がわからなかったのでフレンドは削除した

こうして魔の一日目が嘘かのような和気あいあいとしたマルチプレイを満喫した私は、「これでひとまず何とか普通にプレイできる」と安堵していた

そう、この時は本当の悪夢がこれから始まるとは知る由もなかったのだ......


それから一日の月日が経ち、改めてプレイをしようとする

"connection to steam failed"

私は目を疑わなかった、きっとまだ夢を見ているのだろうと思った
こんなことあるはずがない、あるわけがない、あっていいはずがない
しかし、それは現実の出来事であった

そう、そうである
またマルチプレイが出来なくなっていたのであった
私の心拍数は屋外にも振動するかのように高まり、動悸が激しくなる
必死の決意を元に、原因を調べようとマウスに手をかけようとするもスタンを食らったかのように動けない

調べた結果、恐るべき事実が私達、日本人の前に待ち構えていたのであった
わかっていたはずだ、私達は幾度もこの災害の被害者としてこの苦境を受け止めてきたのであった
わかっていたはずだ、私達にはまだ真の黒幕、暴君の上をいく強欲とエゴの塊、魔王スクエニがいることを

間違いない、暴君とともに魔王さえもMW2からの月日を重ね、更に力を増して我々に挑んできたのであった
その悪の権化、民の敵、強欲の利己主義独善的娯楽破壊者、クズエニ クソエニ スクエアエニックズは
非情ながらも既に購入済み・プレイ可能状態のプレイヤーにまで日本の発売時刻にあわせロックをかけるという暴挙に出たのであった

流石である、MW2当時から度重なる信頼をドブに捨てて、期待を裏切ってきただけはある
それだけではなく数多の別タイトルでも散々、好き勝手、やりたい放題、横槍を入れては製品の評判を遠慮無く完膚なきまで叩き落とす行為を迷うこと無くし続けてきただけはある、流石である

まさか一度購入した製品にプレイ不可という焼き印をわざわざ所持している人間の元にまで配布するとは誰が思っていようか
詐欺師もビックリの神業を披露といったところだ、もし私が詐欺師志望の研修生であればスクエニの元へ弟子入りをすること間違い無しだ
売ったものはずっと手元にある分だけまだ詐欺師のがマシといった点があるくらいだ

私は心に決めた、もうCoDとつくタイトルは買わない、買いたくない、買うメリットがない、買うのが面倒くさい
きっともう、開発者コンソールがあり、デディケイテッド鯖であり、FPS調整ができ、リーンが自由にでき、コンフィグが自由に調整でき、
訳の分からない機能やギミックや装備がツラツラ並んでかったるいオモチャ合戦ではなく、サーバー定人数も64人やら32人といった規模のゲームはこれから一生出てこないんだと思うくらいの気持ちでないといけないんだと

売上や儲け、大衆的な流行、動向に重視する行いの生む結果というものは一時的な盛況だけであり、残るのは失われた信頼と、優秀な人材が去った後のもぬけの殻と、枯渇し過疎したタイトルシーンと、不満を抱き続けるコアゲーマーのみということを私は学んだということで最後を締めくくりたい。

MW2以来の購入、暴君CoD:AW 第ニ章 ~FPSプレイヤーへの挑戦、125Hz~

数多の犠牲を出し血みどろの決戦に挑み、かれこれ1日が経った
私はその時、マルチプレイヤーを選び戦いを求めていた

その燦然と輝く”Play Online”のボタンの先にはもはやデディケーテッド鯖の様子は一切感じられない
発売前に噂されていたデディ鯖復活のニュースはまさに最悪のケースに終わったのであった
そう、まさかのPC版にはデディ鯖がないというパターンである

デディ鯖が実装されます、とアナウンスされれば誰でもまずPCは大丈夫だろうという安堵と常識すら軽々と打ち破ったのである
流石、純粋なFPSゲームとして競合性の高いタイトルを求めていたユーザーの希望と期待を数えきれない程踏みにじってきた歴戦の勇者CoD(というタイトルがついてるだけの)シリーズ

私はもう一寸の、一片の期待も希望も可能性も抱かないと心に決めて”Find Game”の項目に手をかけゲームを進行させる
カスタマイズの項目でプレイヤーの装飾を弄り、気を紛らわす
装飾を進めるにつれて目に入ってくるキャラクターの悲しげな眼差しはまるで私の姿を映し出しているかのようだった

もはや完全なる別ゲーという気持ちを胸にし、「なんだTDM定員12人て。行儀よくチマチマ稼げとでも言うのか、もっと暴れさせろ」という荒れ狂う感情を抑えこみ精神を無我の境地へ追い込む

カウントダウンが終了し、いざゲームが開始した
と、次の瞬間、私はもはや言葉も思い浮かばず頭も真っ白になるかの勢いで衝撃をうけた

マウスがまともに動かない

信じられなかった
「フレームレートは90固定」 ....よし、まぁいいだろう、デディ鯖だしMOD出ればいいから頑張るさ
「PC版はデディ鯖無し」 .....い、いいさ、AWだもの、別ゲーとしてやるって決めたもの
「定員人数は12人とか16人」 ....ま、まぁプレイできることは出来るし、、、あっ終わるの早っ

苦汁を舐め続け耐え続けてきた私にとってもう失うものは何もない、
期待もしていないし希望も持っていないという私の意思を、AWという存在は根本から潰してきたのだ

まさかFPSをプレイするというのに肝心のプレイがまともに出来ないというのは某無料ゲーをプレイした時以来の衝撃だった
いや、それ以上である、なにせこちらは”有料ゲー”である、ビッグタイトルである
誰がそんな予想をするか、と言いたい限りだ

そう、遥か昔、私をどん底にまでたたき落としたMW2から時を重ね、CoD(と付くなんちゃって)タイトルは更に力を増して私の元へ還ってきたのである
「あれから年月も経ってるし色々改善されたり開発側も学んでるだろう」なんて考えが1ミリもあったのが甘かった、甘すぎた、溶けずに下で滞っている

耐え難い境遇を受け入れ、辛く厳しい困難乗り越え、希望と期待を完膚なきまで打ちひしがれ、その先に待っていたのは更なる絶望だった、救いがない

その後、度重なる試行錯誤と情報収集の結果、某無料ゲーと同じくマウスのポーリングレートを125Hzにしたらカーソルの吹っ飛びは無くなり、ドロドロ感は緩和された

結局、黒船ペリーが開口したのは、新しいe-sportsシーンの可能性や、行き場を失ったかつての栄光あるCoDタイトルの復活を待ち望む民への開拓路でもなく、財布の口だけだったのだ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。