Welcome to Asterworld!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ghost Recon Wildlands Closed Beta 期待通りオモロイぞ

とりあえずWildlands Closed Beta、全ミッションとアイテムを回収しましたが、期待通り楽しめました。

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-3-20-24-9

とりあえずサクッと感想を書きたいと思いますが、あくまでクローズドベータの話なのでご注意を。


・グラフィック 

まずグラフィック、文句無いです。
正直な所、最適化は完璧とは言えない感触でしたが、細かいオプション項目やその変更点が一目でわかるプレビュー機能がありとても満足のいくグラフィック設定を快適に出来ました。

とにかく景色が綺麗
基本的にクローズドベータで探索できる範囲の地形は木が少し生い茂った山々と平原といったところでMAPの上から下までさほど大きな環境の変化はないんですがそれでもホント綺麗。
キャラや銃のディテールもとても好みです。

・オープンワールド 

何かのレビューでも書いた記憶がありますが、オープンワールドにおいて”如何にゲームを楽しめるか”の鍵は「暇つぶしと道草の意義」にあると思います。

広大なMAPを売りにするのは良いかもしれないけど決して忘れていけないのはその移動過程の問題で、ひたすら移動するだけならそこにはわざわざゲームをプレイする意義は大して見つけられないし、かといってファストトラベルを充実させればいいかと言うとそれならオープンワールドの意味は無いので、”如何に道中を充実させるか”にかかっているという事です。

そしてこのゲームではその道中の充実度は酷くはないが有意義とも言えない程度で、移動手段としては、ファストトラベルはぼちぼち用意されており、乗り物のバリエーションは陸空海とあれど一番利用する陸の手段において岩や高低差がフラストレーションに直結するという問題が無いとは言い切れない”可もなく不可もなく”という印象が強いです。

武器や衣類をクラフトするわけでもないので道中で素材を集めたりもしなければ、突発イベントが起こる様子もありませんでした。
肉食系の動物が襲ってきたりもしません。まぁそれで皮を剥ぎ取って装備作ってればマジでFar Cryですけどね。

ということなので某スネークさん最終章のゲーム程スッカスカでどこでも同じような景色のオープンワールドに比べると段違いですが、Witcher3ほどMAPを全部走りまわる必要は感じられない作りになっている感じです。

・操作性 
GOOD
□スプリント切り替えが即座に出来、移動の爽快感もある
□カバーアクションが自然
□立ち・しゃがみ・伏せの動作は快適
□アイアンサイト・TPS視点の切り替え

BAD
□クロスヘアの狙っている先を撃っても銃が隠れていれば当たらない
□スプリント時の細かい移動の不便さ
□回避行動やローリングのようなものは無い

基本的に不満なのはBADの1個目だけです。他は慣れればあまり気になりません。でもローリング欲しい....
最適化が微妙なのか処理落ちによるラグ以外はマウスの遅延もそれほど感じられなかったので良しというところです。

・カスタマイズ性 

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-18-26

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-18-35

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-19-38

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-19-35

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-21-7

1,パーツ毎のカスタマイズが可能です。
2,パーツ毎の配色が可能です。
3.もちろん武器自体のカラーリングも可能です。
4,キャラクターの衣装もかなりのバリエーションがあります。
5,衣装の配色も豊富です。


・リプレイ性 

実際のところ僕が一番心配しているのはこのリプレイ性の問題です。

クローズドベータであったゲームの内容は「敵地に赴く→敵を偵察→処理→移動」が基本で、
例えばある拠点に敵が続々と襲ってきて様々なオブジェクトやアイテムを活用して生き残るサバイバル式や、護衛やVIPの保護をしながらのエスコート形式はほぼ皆無(一応、拠点に敵が攻めてくるミッションが最初にありますが大したものではないです)、
アイテムクラフトや素材を集めて何かを制作といった収集要素もなく、尚且つDivisionのようにレアドロップや装備強化要素もないとなると一度プレイしたミッションのリプレイする理由がとても多く見つけられないと思うからです。
しかも、ミッションの種類が限られているとなると地形と景色の変化以外に飽きさせない要素が非常に少ないということになります。
たしかに、地形のと景色の素晴らしさでこのゲームはかなりの強みを持っていますが。

武器・衣装のアンロック、パーツやアタッチメントの収集等の本編の要素を踏まえてもクローズドベータでプレイした内容からはさほど大きな変化は無いでしょうから、期待出来るのは本編では更に様々なミッションの種類が存在しているということです。

理想としてはサバイバル式のミッションに長く生き残れる程リワードが追加されたり、報酬が良くなる等のシステムがあって、突発イベントでエスコートや暗殺等のミッションが湧けばかなり内容も密度も濃くなると思うんですけど。

・車の致死性 

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-3-21-11-35

どのゲームにも1つくらいネタになる特有の仕様みたいなのがありますが、このゲームでは車のクリティカルっぷりが半端ないことです。
民間車両だろうと下手にぶつかれは即座にダウン、車両で味方をダウンさせるPKまがいの行動も可能。




Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-39-31

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-5-8-34-8

Ghost Recon® Wildlands - Closed Beta2017-2-4-15-14-24


とまぁ、ザックリですがこんな感想です。
ぶっちゃけ神グラ神ランドスケープ、モデリングと銃と衣類のカスタマイズ性がどストライク過ぎて他のマイナスポイントが曇ってます。
Divisionも銃撃ってるだけで楽しくて同じミッションをハムスターしてた身なので恐らく製品版も飽きてポイなんてことには僕はならないでしょう。
スポンサーサイト

Ghost Recon Wildlands Closed Beta ありがとうございました

人の脳というのは良い事をしてくれた記憶よりも悪いことをされたそれの方が強く残るらしい。
そんな具合で本当にやりたいゲームのベータは全く当たらず、あまり大して興味なかったり当たらなくてもいいのはよく当たるという印象が僕の中では強くある。

それを体現するかの如くフォーオナーのClosed Betaもはずれ、今回のGhost Recon Wildlands Closed Betaも見事にはずれた。



いや!!!コレだけは逃せない!!!!
個人的にめちゃくちゃ注目しているタイトルなんだ、すっごいやりたいのだ、というかベータ当たる前提で心構えしてたんや。
何としてもキーを手に入れたる!!!! そんな意気込みになった。




キーコード買うてもやっちゃる!!!! そんな勢いだった。
ひたすら余りのキーをもらえないかTwitterやuplayで頼みまくったけど一向に目処がつかないのでもう買おうと思って鍵屋に飛ぶ....

「For Honorの時に200円くらいで売ってたしそんくらいなら我慢して払うか」


そう思い、買う覚悟しながらサイトを見てみると.....











9afcdb55b0079770f5fccac8d683d1fc.png




(゜-゜)





53339944de2d077f6bd63b4a39929f87.png









23d941e4_20170202172559cff.jpg









もうね、、、、アホかと、、、、フザけんなよと、、、、
どこの世界に数日プレイするだけでEarlyAccessのゲーム買うみたいな値段払うんだよと。

仕方なくツイッターをWildlandsで検索してキー当選で浮かれる外人共にひたすら媚びへつらう準備を更新ボタン連打。
さながらホシの動向を常に見張り続けるベテラン刑事並の形相で画面に張り付いていたら......







f78e11880c99c9e6bd5b91c206d3bda7.png







PS4? xbox?








20c1b306b93ffd5782a7b038bc9fd005.png
















1f0b295eb65be199e263a1fc9e8e4352.png













217650dc2815dc287e00db908a9a0c36.png








PC!!!!










4953fe6b6b8ec1ce28f234948fd5f403.png

















私はかつて大人気だったベイブレードの誰もが待ちに待ったドラグーンなんたらの新モデル発売日に大勢が朝っぱらから開店待ちに行列してまだかまだかとすぐにでも走り出しそうな勢いで待ち望んでいたあの幼少期を思い出していた。


速攻僕は、礼儀・モラルを知らず四六時中お構いなく無礼極まりなく突撃するマスコミインタビューの如くその人にリプライ凸
暫しの無反応でこれは放置ルートかと思いきやしっかりと応対してくださって、ベータキーを頂ける流れということでフレンドになった。






543f58e68b660af0154dadc14cda93f3.png




YAY!!!!!!!!!!!


1912x1076x069da2be7484ffb4798905.jpg




ほんと色々助けてくれる皆さんありがとうございます。



























ちなみにキーはこのツイッターでお願いした人ではなくDivisionでフレだった人にもらいました。


094b93b13e16ec45c8f2f77fb2a45e59.png

おしまい。

個人的OverwatchのUlt性能格付け

さぁさぁOverwatchも発売されてからかれこれ4ヶ月くらい?経ちましたがどうでしょうか。

僕は一ヶ月前までパニックultしか発動してないレベルで相手のプレイヤーのultがどれだけ貯まっていつ頃使うかなんて検討もつかないどころか思考にすら1ミリも入ってませんでしたが、
今では使う場面や展開、状況確認などなどダイブ判断力が付いてきました。(それでも実践には活かしきれてないのが痛いですが

Overwatchというゲームでここぞというアクションでもあるアルティメット(ult)、正直いってこのゲームはそれを如何に最大限に使いこなすかが鍵となってきます、なんてことは偉そうに言わなくても星付く頃には皆わかっているでしょうけど....
でもまぁこれがまーーじで難しい。
「最適な場所で、ここぞというタイミングで、どうやって撃つか」
正直、頭で理論づけて考えきれていても実践で咄嗟に”正解”を出すのは僕にはまだまだの領域であったりします。

そんなUltですが、僕は各ヒーローが持つ色々なUltの中に順位をつけてみました。



Overwatch Ult格付け
判断基準は単純な瞬間ダメージやUltの範囲等ではなく、どれだけ味方・敵に影響を及ぼすが、どれだけ敵の行動を制限・コントロール出来るかという試合全体を通した基準で順位をつけます。一部、例外的な位置づけやTier分けがグレーなラインのヒーローが存在します。


SSS Tier ultを発動するだけでカウンターultを複数誘発でき、敵味方ともに大きく立ち回りに影響を及ぼす。サポート無しでも複数の敵を倒すことが出来る。

ゲンジ :紛うことなきOP Ult。もちろんnerf後でも。ルシオ・ゼニヤッタのultを高確率で誘発する上に、敵PTの全プレイヤーの立ち回りをゲンジult中心にさせる。下手をするとそれに釣られて味方のルシオ・ゼニヤッタもultを発動するので最低でも計4ヒーローがultをパなすことになる。逆に言えば開戦の狼煙を上げることになるので非常に使用の難易度が高い。一応、マクリー・ロードホッグのスキルがカウンターとして非常に効果的ではある。


SS Tier ultを発動するだけでカウンターultを誘発できる、もしくはカウンターとして機能する。敵味方ともに立ち回りに影響を及ぼす。

ルシオ・マーシー・ゼニヤッタ :ルシオは発動するだけで敵味方の立ち回りに大きく影響を与え、カウンターultを誘発させる可能性が高い。ゼニヤッタはほぼどのultのカウンターにもなり、相手のダメージを帳消しにしまくる。マーシーは少し例外で、相手のUltや猛攻を完全に無かったことにしてゲーム展開を作りなおすOPということで見事サポート3名がランクイン。



S Tier ultを発動するだけでカウンターultを誘発できる、もしくは非常に大きな影響を与えられる。敵に行動制限をかけられる。

ザリア・ラインハルト・シンメトラ :大きく立ち回りに影響を及ぼすことは無いものの、Ultを発動する前から相手に行動制限をかけることができ、味方が数名いて敵がカウンターultを吐かない場合なら敵が優勢だったとしても逆転出来る性能とポテンシャルなのでこのランク。シンメトラに関しては、テレポーター自体は見つかれば簡単に壊されるもののマーシーのUlt並の起死回生力があるのでこのランク。


--ここからUlt性能の壁-- (この上からはultに対し、安定した対応にスキル以上、つまり対抗用のカウンターultを使用しなければならない)

A Tier 単体のultで高確率で複数の敵を無力化できる。

バスティオン :地味に機動力もあり体力もあり、攻撃力もあるのでultとしては優秀。



B Tier 単体のultで複数の敵を無力化できる。敵に行動制限をかけられる。

アナ・ジャンクラット・メイ・DVA・マクリー・ソルジャー・ハンゾー :特に無し。



C Tier 単体のultで複数の敵を無力化できる。

トレーサー・リーパー・ファラ :どれも効果的な状況が限られていて、安定した複数キルには味方のサポートが一部を除き、ほぼ不可欠ということで仲良くアタッカー達がランクイン。



D Tier 敵もしくは味方に影響を及ぼす。

ウィンストン・ロードホッグ・トールビョーン・ウィドウメイカー :ウィンストン・ロードホッグは環境キルのポテンシャルが非常に高いので正確言うとC Tier寄り、ウィドウのインフラサイトも非常に強力だが安定したキルに繋がるとは言い切れないのでこのランク。正直言って最下位Tierでもハマれば非常に強力なことには変わりない。






とまぁこんな感じでしょうか。とっても実際は使う人の上手さ依存な部分もあるのでそこを持ち出すとまたバランスとしてはどうなるのかなって曖昧なところもあったりはしますです。
実はこの内容を一週間前くらい前に思いついていて考えをまとめるのにも良いと思って書いたんですが、いざ書き出すと意外と難しくて。
くぅ~疲れました!


ヤムチャ現象が未だに治まらない

まずはこちらを御覧ください。



お分かり頂けたであろうか....サイヤ人の集団が降臨されていることを....
実はこれがOW発売当初から不定期ながらも今までずううううっと発症してきたのが私のOWライフなのである。

ランクマ実装前からシーズン1の初めにかけてが一番酷い時期で、それからだいぶマシになって「もう修正されたのかな?(^o^)」とか思っていたらシーズン2付近のアプデがされてから発症率がまだ急激に上昇....

いやむしろ以前のワープ現象はランクマでは発症してなかったから今の方がマジで洒落にならないのである。

一応色々調べたりしたけど同じ症状の人がいるのは確かなんだけど具体的な解決策はまだ見つかってない模様。かなC

ぬるぬる

6,7年ぶりにPC新調した。
別に今まで遅いとは思わなかった立ち上げも流石に一瞬過ぎて笑う。

ARKとかいう糞重バグ神グラゲーという進化した我がPCのチカラを試す恰好の獲物が
ちょうどScorched Earth Expansionなんたらみたいな神DLC発売したから丁度いいという事で買ってやってみたけど
ほぼ最高設定でだいたい90FPS安定してるから満足ではある。

他のゲームでももっと試したいと思ったけどそんなにグラフィック重視なゲームをやってないことに気づいた。
というかぶっちゃけ新調する時からこれといって迫った理由がなくてただ単にCPUが思った以上に化石のクソザコナメクジで
新製品の界王拳最速SSDがちょうど発売されたばっかりということで
「今だ!!!」ってことで4年前くらいからおNEWのPCにしようと思っていたのを行動に移した。

プラモよりもPC組み立ては簡単でした。でも失敗したら失うものの値段が高すぎるので緊張感は半端じゃなかったのです。
配信も今までまともに出来た試しがなかったけどそれもクソザコナメクジ化石CPUのせいでもあったと実感した。
というか、今のPCだと配信しながらでも何も違和感なく操作できるからやっぱハイスペックっていいなって思います。
今日試しに配信しながらやったけどなんかカクついてたっぽいしそこは何とか直さないといけない。
とりあえず独り言を頑張って発していきながら配信はしていこうと思います♪(*^^*)

Scorchedなんたらの砂漠MAP 散々水を求めて死にまくった後に見つけたオアシス(水たまり)
20160910192714_1.jpg

SS撮るの忘れたけどドラゴン探しに遠出して念願のドラゴン見つけて観察した後、
満足して帰ろうと思った帰路にいたアルファドラゴンさん、もちろん全力バックですよ
20160910201044_1.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。